全国各地で電力使用量が増える時期の節電要請が電力会社や自治体から出ており、狭山市でも冬季間の暖房使用時期夏季のエアコン稼動時期には一般家庭や事業所に節電への協力のお願いが呼びかけられています。
狭山市に電力を供給する東京電力は電気料金の値上げを実施しており、今後円安が進み火力発電所で使用する原油価格や液化天然ガス、石炭の輸入価格が上昇するようであれば更なる電気料金の値上げも実施されるでしょう。
こういった一般家庭での電力使用に不安材料が多い状況下で、太陽光発電システムに興味が持つ方が大幅に増加しています。
電気料金の値上げや節電要請のために使用する電気を節約する後ろ向きな生活を送るのではなく、太陽光発電システムを導入することにより家庭内で消費する電気を自家発電し、狭山市では東京電力から購入する電力量を大幅に減少させつつ自宅内ではこれまで通り電気を使用できるからです。
東京電力からの節電要請には購入する電力量を減少させる事により応じて、それだけではなく東京電力に自家発電した電気を販売する事もできますから、ソーラー発電システムの需要が増えています。
ソーラー発電システムの販売店や施工業者も増えており、良心的な販売店や施工業者が大半を占める中で、わずかではありますが悪質な販売店や施工業者の存在も確認されており、これからソーラー発電システムを導入される方は注意が必要でしょう。
良心的な業者を見定める必要があります。