太陽光発電は、エコな発電方法としてかなり注目されています。
そしてその導入に対して国や地方自治体は支援を行っています。
それが、太陽光発電の導入に対する助成制度です。
この助成制度の内容は、国による補助金と、地方自治体による補助金などです。
国による補助金は、太陽光発電のシステムの価格に応じて補助金単価が違っています。
2005年に一度打ち切られましたが、2009年復活しました。
ちなみに、現在の申し込み締め切りは平成25年3月29日となっています。
地方自治体による補助金は、都道府県によるものと、市町村によるものとなっています。
これに関しては、地域によって補助金の額がかなり違ってくることがあります。
また、補助金制度を設けていない自治体もあるので、自分が申請しようとしている自治体の補助金制度の有無を調べる必要があります。
それを調べる方法の一つとしては、インターネットを利用する方法などが簡単です。
また、魅力的な太陽子発電の助成ですが、実はこの助成制度には注意点があります。
それは補助金が早期終了してしまうことがあるという事です。
国の場合、補助金に対する予算を超えると申し込み締切日前に終了してしまう可能性があります。
また、地方自治体の場合、国のように予算を決めているところもありますが、申し込み件数の上限を決めているところもあります。
その場合、申し込み数が上限に達すれば、終了してしまうことになります。
太陽光発電の補助金の額に関しては、簡単にインターネットを利用すると計算をすることができるサイトがあります。
補助金の額について知りたいと思っているときは、そちらのサイトで調べてみるのがいいでしょう。
太陽光発電の導入の際、補助金の有無はかなり大きなポイントとなります。
それに関しては様々な決まりがあり、また様々な場合があります。
自分の場合はどのようになっているのか、太陽光発電の導入を検討している時点でしっかりと調べておく必要があります。