東日本大震災以来、エネルギーに対して消費者の意識が変わっていきました。
そして、私たちの生活を支えている電気に対しても、「買う」ものから「作る」ものへと変わっていっています。
さて、電気を作る方法はいろいろとありますが、今一番注目されているもの、それが太陽光発電です。
クリーンな発電方法として、また一般家庭でも行うことができる発電方法として注目されています。
太陽光発電、それは簡単に言えば、太陽光を利用した発電方法で、ソーラーパネルを利用することによって発電することができるものです。
そんな太陽光発電の工事はどうなっているのでしょうか。
太陽光発電の工事は、取り付ける場所(屋根)の素材によっても施工方法が変わってきます。
ですが一般的に、その工事に必要とする日数は天候などにもよりますが、大体3日とか4日といわれています。
屋根の上に取り付けるので、足場の組み立てとその解体が必要となります。
(現在、足場を使わず、幕を張って工事を行うこともあります)また、太陽電池モジュール(ソーラーパネル)の設置、配線工事が行われるので、大体それくらいの日数必要となります。
また、もちろん工事前の打ち合わせもあり、屋根の素材によって用意する金具なども違ってくるので、その点も実際に調査したりします。
屋根裏や字配電盤なども実際に調査するのもあるので、それらの事前打ち合わせ・調査が工事前に必要となります。
この太陽光発電の工事を行う業者はたくさんあり、いろいろなところで申し込むことができます。
ただ、工事に関しては、例えばハウスメーカーで家を建てた場合、そこのハウスメーカーで太陽光発電の工事をしてもらわないと、後々の保証を受けられなくなるなどという事もあります。
そのようなことにならないためにも、しっかりと太陽光発電やリフォームに関して契約書などを確認しておく必要があります。
それからどこの業者に工事を依頼するかを決めるほうが無難といえます。