私は昨年から埼玉県の狭山市に住んでいます。
東京でサラリーマン生活を40年間弱やってきて、老後は落ち着いた場所で過ごしたいと思っていました。
狭山市は家内の実家のあるところです。
都心に出て娘たちに会うこともできる絶好の場所だと思います。
昨年、小さな家を新築しました、その際太陽光発電も合わせて設置しました。
退職金で、家を新築した以上、年金生活では、家計を切り詰めて生活する必要があります。
その際太陽光発電は、光熱費を助けてくれると思ったからです。
その際、設置費用のうち20万円弱は補助金で賄いました。
国と県と狭山市の補助金です。
県と狭山市の補助金は、すぐに予定数に達して受け付け中止になりましたが、私の場合は運よく全部いただきました。
シミュレーションしてみると、8年から10年くらいの間に初期費用を回収できるそうです。
太陽光発電は、パネルが壊れない限り、30年くらいは持つそうです。
パネルが寿命になるころ私の寿命も来るでしょう。
それまで文句も言わないで、一生懸命電気を作ってください、パネルさん。