太陽光発電の導入に関して、ほとんどの市区町村で住宅用太陽光発電システム設置における助成金を出すかどうか、その判断を独自にゆだねられています。null
太陽光発電の導入を積極的に進め、もしも電気が通らなくなった場合でも太陽光発電によって各家庭で電気を確保してもらう、あるいは会社や事業所にも導入してもらい、経済活動に少しでも支障をきたさないようにしてもらおうと考えるところは、導入のための助成金制度に積極的に取り組んでいるように思えます。
埼玉県は全体的に見て太陽光発電の導入に非常に前向きであることから、所沢市においてもきちんと助成金を出す仕組みを整えています。
所沢市においてユニークなのは、太陽光発電システム設置に関する助成金を、所沢市おひさまエネルギー利用促進事業補助金と名付けていることです。
こう書かれると、太陽光発電というものがより親しみやすくなって、なんとか導入してみたいものだと感じてきますから不思議なものです。
そういった意味でいえば、所沢市では太陽光発電を身近に感じてもらうための工夫を、助成金の導入とともに実施しているといえそうです。
平成24年度もしていたところを見ると、毎年募集をしているのではと思われることから、件数や金額に上限があったとしても一年単位で考えることができるというのはメリットだと思います。
どのように導入していくかを考えるだけでも一年ほどはかかりますから、ちょうどよいと思います。