蔵の街として親しまれ、観光客が後をたたない、埼玉県を代表する観光地、川越市。
東京からの近さから、ベッドタウンとして住みやすい街としても人気で、人口が増えているそうです。
埼玉県は東京よりも気温が高い傾向がありますが川越市もその傾向にもれなく該当し、日照時間が長いことが特徴的です。null
太陽光発電システムの導入を積極的に進めており、東日本大震災以前からソーラーパネルを公共施設に設置するなどの活動をしてきました。
素晴らしい取り組みとしか言い様がないのですが、川越市に住んでいる人や訪れる人に対しても、良い効果をもたらしている事例があります。
最初に、小中学校や川越まつり会館、保健所などといった公共施設に太陽光発電システムが設置されているのがわかるように、メーターが表記されていることです。
これにより、住んでいる者や訪れる者に対して、太陽光発電に積極的な街であることをアピールする効果があると考えられます。
大きなイメージアップが期待できるでしょう。
そして、市内でもっとも発電規模が大きかった、資源化センターを利用して、市民の憩いの場である「なぐわし公園PiKOA」という施設がオープンしたことです。
温泉施設やプール、ジムなどがあり、川越市民の憩いの場として賑わっています。
霞ヶ関駅からシャトルバスが出ており、郊外に立地してはいますがアクセスも非常に良いと思います。
これからも、川越市は太陽光発電に積極的であり続け、太陽光発電をうまく取り入れた自治体としての手本として他の自治体に良い影響を与えて欲しいです。